サービス service

超高性能フィルム専門店・超高機能ボディーコーティング専門店。専門店の中でもより品質と作業クオリティを追求したお店です。
coating_catch

ボディーコーティングと一口に言っても、カーフィルムと同じで店舗や施工者によってクオリティーの『差』が生じる、そこでファナティックでは沢山のコーティングを取り扱うのではなく、たった2種類ではあるが、厳選に厳選を重ね『磨き』から『コーティング』まで一台にかける時間を最大限使用しクオリティーを一定に保ち、妥協のない仕上がりを追求しています。ですから、お客様には安易に値段だけではなく色々な判断基準から『お店』選びをして頂きたいと思います。

今の主流の『磨き』とはとにかく研磨してキズを消すという方法が使われています。 従来はこの技術で良かったのですが、ただ一つこれには欠点があり、磨けば磨くほど『塗膜』が薄くなり本来の塗装にダメージを与えてしまい最終的にはクリア層だけではなく色塗膜まで削り取ってしまう恐れがあります。 そこでファナティックでは極力塗膜を削らずにキズを消す『特殊技術』を習得し、塗装にダメージを与えずキズを消し新車のようなボディーの状態に近づけ、その塗膜をコーティング剤で覆い、長期にわたりボディーを保護する本来のボディーコーティングを追求しています。

近年、超硬度型コーティングがもてはやされており、9Hのコーティングなど沢山出回っています。 しかし9Hという硬度は実際の自動車の塗膜より固く、考えると柔らかい物の上に固いものを貼り付けると柔らかい自動車塗膜の伸縮性についていけず、上の固い塗膜はひび割れてしまうのが自然な考えです。ですからファナティックではコーティングの高度の表記に幅を持たせ、ナノ単位の分子結合をするコーティング剤と塗膜の愛称や状況を見極め、そのお車に適したコーティングを施します。

  • 常に整頓された作業場で、大切なお客様のお車を作業します。

  • キズ一つ見逃さない照明設備を使用し、専用ブースで作業します。

  • 熟練した職人が時間をかけて完璧に仕上げます。

  • 塗装膜をもう一枚増やすような、新しいコーティング

  • エンブレムなど細かい部分は脱着して作業します。

  • 脱着可能なドアハンドルは脱着して隅々まできれいに磨きます。

  • 様々な機材や溶剤を使い分け、その車にあった最高の状態に仕上げます。

  • お客様のイメージを形にすべく時間をかけて接客します

コーティングメニュー